【髪の毛を早く伸ばす方法!】助けて!短い髪が似合わない!

もう最悪!髪の毛を思っていたよりも短く切られてしまった、シュートカットにしたは良いけどまったく似合わない!そんな早く髪の毛を伸ばしたいという人に朗報です。オススメの方法やサプリ、育毛剤のご紹介です。良ければ参考にして下さい。
MENU

髪の毛を早く伸ばす方法

もう最悪!髪の毛を思っていたよりも短く切られてしまった、シュートカットにしたは良いけどまったく似合わない!
そんな経験ありますよね。それってとにかく緊急事態です!

 

髪の毛のハリ、コシ、ツヤなどの悩みは生活習慣の見直しが基本です。
でも早く髪の毛を伸ばしたいなら+育毛剤・サプリ・シャンプーやトリートメントを併用することです。

 

髪の毛を伸ばす基礎知識

マイナチュレ

髪の毛は、一般的に1日に0.3mm〜0.5mm程度しか伸びません。

1ヶ月にしても0.9mm〜1.5cm程度です。
1年で11cm〜18cmといった感じです。

 

髪の毛は一年中同じスピードで伸びているわけではありません。
伸びる時期と伸びない時期があるため、早く伸ばすためには季節も関係してきます。

 

髪の毛がよく伸びるのは、「夏」、気温が高い時期になります。
逆にあまり伸びないのは、「冬」、気温の低い時期になります。

 

最も早く伸ばすのに適しているのは、春から夏にかけてだと思います。

 

髪の毛が伸びるスピードも人それぞれ様々な条件によって違ってきます。
年齢、性別、栄養状態、体調などが関係してきます。

 

年齢でみると、体の新陳代謝が急激に衰える30代に入るころ、髪の毛の伸びるスピードは急激に遅くなります。
年齢を重ねると、髪にコシやハリもなくなり、抜け毛も増えていきます。

 

男性は20代、女性は30代がピークとなっていて、それ以降は髪自体が細くなって、まばらになっていくのです。
髪の毛の老化現象として誰もが避けては通れないことなのです。

 

また髪の毛の栄養状態も大切です。髪の毛は私たちが口にする食べ物から栄養をもらっています。
体の栄養状態が悪いと髪の毛を作る材料がなくなり、本来伸びるはずの髪の毛が伸びなくなっていくのです。

 

本来はこのように食事やマッサージ、体調管理が重要なのですが1ヶ月で1.0cmしか伸びないなら、
シャンプーやサプリ、育毛剤などヘアケア商品を上手に活用することが早く髪の毛を伸ばすコツです。

育毛剤って効果あるの?

育毛

男性用、女性用、様々な育毛剤が発売されています。

育毛剤と言えば、薄毛、抜け毛などの悩みに対応している薬品ですが、それだけではありません。

 

育毛剤に入っている成分には、血行を促し、毛根を活性化させる働きがあります。
また髪の毛自体の成長を高める効果もあります。

 

そのため髪の毛を早く伸ばす方法としても、育毛剤の利用が有効なのです。
育毛剤を使って、さらに頭皮マッサージを行う方法が最も頭皮に効果的です。

オススメのシャンプー&トリートメントの特徴やその理由は?

シャンプー

髪の毛を早く伸ばすシャンプーとしてはスカルプシャンプーがオススメです。雑誌やテレビCMなどでも「スカルプ」ってよく目にしたり、耳にしたことは誰でもありますよね。

そんなスカルプの意味なんですが、頭皮(頭の地肌)と言う意味です!

 

このスカルプと名付けられた「スカルプ系シャンプー」の特徴ですが、頭皮に優し良いということです。
頭皮に優しいとは具体的に言うと「必要な皮脂を取りすぎない」ということです。

 

一般的に販売されているシャンプーは洗浄力が強すぎる傾向にあります。つまり頭皮には刺激が強く悪影響をもたらしかねません。
反対にスカルプシャンプーに関しては洗浄力は弱いと考えて下さい。つまりシャンプー時の適度なマッサージをした方がいいですね。

 

スカルプ系の商品は頭皮の環境を第一に考えて開発された製品です。
髪の毛だけでなく毛根から美しく健康な髪の毛や頭皮の環境を整えるにはスカルプ系商品が良いと思います。

育毛サプリメントの効果や副作用って大丈夫なの?

サプリ

サプリメント(supplement)とは健康補助食品のことです。育毛サプリはある意味髪の毛に特化したサプリメントですが、髪の毛には効果があるけど肌には良くないんだよね〜なんてことはありません。

 

基本的に口から摂取するサプリで体に悪い物を配合するなんて論外です。もちろん効果がないものを効果アリと表記する会社がないわけではありませんが・・・。

 

そういう意味では有名メーカーやアフターフォロー、お客様センターなどケアがシッカリした会社のものを選びたいですよね。

 

またサプリメントは妊娠中(授乳中)の方、アレルギーをお持ちの方、他のお薬と併用される方は注意が必要です。

 

 

このページの先頭へ